第2回人むすびの場 都市と農村をつなぐ
第2回のご報告

第2回のご報告

2008年8月28日(木)の午後7時から第2回目の場をスタートしました。夕方 からのものすごい雷雨の中、13名の方がお集まりくださいました。今回の場づくり 人も多士済々。アグリベンチャー経営者、社会起業家、NPOの代表、ビジネス・プロデューサー、
ビジネスパーソン、経営コンサルタント、出版関係者など。
(感謝!)   詳細はこちら    報告書はこちら



第2回テーマは「都市と農村をつなぐ」。
◎ ゲストスピーチ:「都市と農村をつなぐ」
株式会社NOPPO 代表の脇坂 真吏さんが「日本の農業をもっと元気にしていき たい!」との想いを熱く語ってくださいました。


大学在学中に立ち上げたアグリベンチャー企業は、“若い力で農業を盛り上げる”をモ ットーに、農業に興味のある学生・若者を対象に都市と農村をつなぐ人材育成事業を 中心に地域活性化に取り組んでいます。

農業をやりたいという意欲があっても、情報がなくて、就農へのきっかけのない若者 は多くいます。そこで、そういった学生の発掘と育成を目的に「大学生への農業経営 学習プログラム」を展開中。参加している学生の6割は農業系の大学ではないそうで す。

目指すは「きつい、汚い、稼げない」というメイナスイメージの3Kから「稼げる、 感動がある、格好いい」の憧れの3Kへの農業への転換。 30年後には、小学校の職業希望ランキング1位が「農業」を目指しています!

◎ 人むすびカフェ
ファシリテーター 角田知行さんの発案で今回から初めた人むすびカフェ。 ワールド・カフェの手法を用いて、ひとつのテーマから連想されるアイデアをはじ めての方とでも楽しく話し合いができます。テーブルを回っていくことにより、多 くの人と対話をかわせます。

今回のお題は、「都市と農村をつなぐことに、どのような意味がありますか?また そのためにあなたに出来ることは何ですか?」

3ラウンドの話し合いが終わったあとに、一人ひとりの思いが紡がれた模造紙には、 キーワードのメモやら絵がいっぱい!



今回の皆さんは、農業に熱い思いをお持ちの方ばかり。実際に農業や「野菜づくり 教室」に携わる方にいらっしゃったので、知識共有も深まりました。
・ 農業は社会をつなぐコミュニケーションの場。
・ 産業としての農業と「農的体験」は違っているから、その認識をもって取り組む 必要あり。
・お米づくりは簡単、野菜は毎日管理が必要 などご意見いろいろ出ました。




◎ 最後に今日の気づき、キーワードを感想に残し、懇親会に向かいました。

参加お申込みはこちら
株式会社テラ・コーポレーション
東京都文京区白山1丁目20番4号
ハウス白山ビル4階
[TEL]03-3815-1981
[FAX]03-3815-1982
資料請求はこちら