第20回人むすびの場【報告】若者の支援のしかた
◆第20回「若者の支援のしかた」のご報告

◆第20回「若者の支援のしかた」のご報告

2010年2月24日(水)の午後7時から第20回目の場がスタートしました。若者支援に思いを抱く27名の方がお集まりくださいました。場づくり人は、NPO代表、NPO職員、経営者、経営コンサルタント、ビジネスパーソン、自治体職員、建築家、学校教員、自治体職員、金融パーソン、コーチ、コミュニティデザイナーなどがご参集。(感謝!) 。詳細はこちら    報告書はこちら

◎ 第20回テーマ:「若者の支援のしかた」
☆ゲストスピーカー(30分) 
人材の森コラム 風景 ●番野 和敏さん
(NPO法人NEWVERY(旧コトバノアトリエ) 副理事長、トキワ荘プロジェクト統括ディレクター)

 私どもの山本繁代表が、学生時代に自分にはやりたいことがないけど、やりたいことのある人を支援しようと思い立ち、「NPOコトバノアトリエ」を起業。2009年に法人化して、「NPO法人NEWVERY」に名称変更しています。若者たちが未来に希望が持てる社会をつくるために、「若者の成長と職業的自立」を支援しています。

   トキワ荘プロジェクトは、夢を持って東京に出てきたプロの漫画家志望者を主に低家賃住宅によって支援するプロジェクトです。クリエーターとしてのスタートアップ期に「食べていけるまで」を支援しています。

  生活を支える部分と、専門学校では、出版社との付き合い方とか、自分の作品をどう売り込み、どう食べていくのか、といった部分を教えきれないところを、「低家賃住宅」と「成長を後押しするサービス」の両面から提供していることが私たちの価値だと思っています。

同じ志を持った仲間と切磋琢磨するコミュニティをつくり、メンターとしてタテのつながりづくりと、自立への支援をすることで、もう、10名デビューを果たしました。今年の夏には支援した漫画家は100名になります。

人材の森コラム 風景
● 柴田 直哉さん
(同理事、日本中退予防研究所 所長))

一年間で大学・短大・専門学校を中途退学する学生の数が、13万~14万人、大学・短大・専門学校の中退学者が正社員になれる確率が26%、大学・短大・専門学校を中退者のうち、5年後もニート・フリーターである確率が6割というデータがあります。

 私たちが、日本中退予防研究所を設立した経緯をお話します。ニート・フリーターになる経路は学校を卒業してなるか、中退してなるか、仕事やアルバイトを辞めてなるかの3パターンであることに気づきました。

   ニート・フリーターになってからの支援は、膨大な時間と労力が必要です。そこで、ニート・フリーターになる前からの予防が出来ないのか?を考えるようになりました。ニート・フリーターになってしまう理由を調べていく中で、高等教育を中退することによるリスクの高さと人数の多さに注目。大学・短大・専門学校の中退者とじかに接触し、インタビュー調査から多くの中退者は何らかの問題を抱えているわけではなく、いわゆる普通の学生であることが判明しました。

 そこで、日本中退予防研究所では、中退者へのインタビュー、シンポジウムの企画・実施、中退白書の作成・配布などのソーシャルプロモーションを行い、中退を社会問題化すると共に、大学・短大・専門学校に対するコンサルティングを実施し、問題提起と共に解決策を提供していきます。

◎ 人むすびカフェ  ファシリテーター:角田 知行さん
  「人むすびカフェ」は、ワールド・カフェの手法を用いて、ひとつのテーマから連想されるアイデアを出し合い、初めての方とでも楽しく話し合いをしています。テーブルを回っていくことにより、多くの人と対話を深められます。

人材の森コラム 風景

今回のお題は、「お二人のお話しを聞いてどこに心が動きましたか?何を思い浮かべましたか?」

  こんなご意見がありました。
・ 今の社会、特に「金」中心の世の中で、人々がもっとここち良い思いや心を共有したいという願いと現実の「生活」、特に都会で暮らしていくあり方が問われている。
・ 社会の方が変わったことによって「なんとなく入学」とか「なんとなく中退」ということが問題になった
・ 若者のために何かしようと想っている人はけっこういる。「若者に投資する」ことだ。
・ 伝えたい事を否定されるのがつらくて前に進めない人がいる
                         などなど 

人材の森コラム 風景

◎ 最後に今日の気づき、キーワードを感想に残し、懇親会に向かいました。

参加お申込みはこちら
株式会社テラ・コーポレーション
東京都文京区白山1丁目20番4号
ハウス白山ビル4階
[TEL]03-3815-1981
[FAX]03-3815-1982
資料請求はこちら